転勤辞令が出たので、それを嫌って転職

転勤辞令が出たので、それを嫌がって転職するケースも、転職動機ではよくある事例の一つです。
正社員の場合、転勤辞令が出ると、基本的に拒否することはできません。
転勤できない理由がある場合、退職して別の転職がない企業に勤めることを選択する人も少なくありません。

 

家族

転勤できない理由の一番の理由は、「家族と離ればなれになるのが辛い」という理由の人が多いです。
家族には、学校などがあり、なかなか転勤に応じられないケースがあります。
単身赴任するという手段を取っている人もいますが、それができない場合には、転職することとなります。

 

海外

さらに、転勤先が危険なので、家族などから辞めておけと勧められて転職するケースもあります。
海外進出を近年日本企業は頻繁に行っていますが、
進出先が治安が悪い地域だった場合、断る社員も増えています。
「命の危険があるところには行ってほしくない」と家族から要請されたという理由から
転勤を断って転職する選択肢をとる人もいるでしょう。

 

恋人

また、転勤する場合には、その地域でできた人間関係などが切れてしまう点を嫌う人も多いです。
せっかく行きつけの店ができたり、友達ができたり、恋人ができたりしたのに、
離ればなれになりたくない、という理由から転職を決意ることもあるでしょう。

 

新築

その他、持ち家を買ったばかりで転勤したくないといった理由や、
親の介護が必要なので転勤できないといったこともあります。
いろいろな理由から、転勤は嫌われがちなので、それを嫌って転職する人は多いです。


このページの先頭へ戻る