ヘッダハンティング・スカウトで転職

ヘッドハンティングやスカウトで転職するというケースは、転職の理想とも言えます。
自分を欲しい企業から声をかけてもらい、転職をするわけです。
自分の能力が必要とされている、という満足感が得られます。
報酬に関してもヘッドハンティングやスカウトの場合には、
大幅に上昇することが多く、成功例も多いと言えるでしょう。

 

パターン1

ヘッドハンティングでの転職にも2パターンほどあります。
1つ目は、関連企業や付き合いのある企業の方から誘われて転職するケースです。
会社に勤めていると、いろいろな人との出会いがあります。
そういった人から、この人は良い人材だと思ってもらえ、
自分の会社に来ないかと誘われることがあります。

 

パターン2

2つ目は、ヘッドハンティング専門の業者からの誘いで転職するケースです。
ヘッドハンティングを行う業者が存在し、そこに欲しい人材を企業がリクエスト。
そうすると、その業者はそのリクエストを満たす人材を探して、
勧誘をかけるという仕組みとなっています。
このケースでは、特に給料があまり高くない人をターゲットにする事が多く
給料が上がるケースが非常に多いです。

 

プレッシャー

ただし、ヘッドハンティング・スカウトで転職した場合
即戦力として期待されることも多いので、プレッシャーはかかります。
しっかりと転職先で結果を出さないと、せっかく引き抜いてきたのに
意味がなかったと思われてしまいますからね。
誘われた時には、報酬だけでなく、転職先でどのような成果を期待されているか
などもきっちり調べておくことをおすすめします。


このページの先頭へ戻る