早期退職優遇制度で転職.

早期退職優遇制度で転職を決意する人は、そのまま会社に残るよりも得になることも多いと言われています。
その理由として、早期退職優遇制度は、1年分の給料が上積みされて出されたり、
数か月分の給料が上積みされて出るなど、金銭面でまとまったお金が手に入るからです。

 

そのまま会社に残った場合、大企業や大手企業でも倒産してしまうリスクや、
さらに条件の悪い退職勧奨がなされる可能性もあります。
早期退職優遇制度の後には、減給などが検討されることも多く、別会社に所属を移されるなど、
様々な手で給料や立場が不安定となります。
それくらいならば、しっかりと退職金とお金をもらって、
転職活動に専念した方が建設的な選択肢となるケースも多いと言えます。

 

また、早期退職優遇制度が設けられる企業は、ある程度大きな規模の企業が多いです。
優秀な人が多いので、すぐに別の大企業に転職できるケースや、
少しグレードが下がった企業に転職できるケースが多いと言えるえしょう。

 

大企業のノウハウを持っているケースも多いので、
大企業化したい中小企業から必要とされることも多いと言えます。
知名度の高い企業に勤めていた場合、それだけで面白そうだから採用しようと思ってくれる経営者もいます。

 

それと、ある程度次の転職先のあてがある場合には、
早期退職優遇制度で上積みされたお金をもらうことで、かなりお得になります。
友人や知人、業界の関連企業などが、うちに来てくれと言っているので、
安心して早期退職優遇制度を使って転職するというケースもあります。


このページの先頭へ戻る