リストラで転職

不景気が長引いており、リストラで転職活動を余儀なくされているという人も多くなりました。
リストラで転職する場合には、失業保険をすぐにもらうことができるので、転職が有利だと言えます。
転職活動を行っていると、どうしても焦りが出てきてしまうことが多いです。

 

このままだと、貯金がなくなって生活できなくなってしまう、どこにも転職できないかもしれない
といった不安や焦りが出てきます。
不安や焦りが出てくると、どうしても細かい条件を見落としてしまい、
条件の悪い転職先に転職して失敗してしまうことにもなりかねません。

 

リストラの場合には、会社都合での退職となるので、失業保険がかなりの長期間出てくれます。
ある程度の収入が保証されているので、余裕を持って仕事を探すことができる点でメリットが多いと、
ポジティブに考えてみると転職もうまく行きます。
リストラされてしまったことはさっさと忘れて、次の職場のことに集中する切り替えも大事だとされています。

 

また、リストラされた場合には、
次の転職先の就職面接を受けに行く際に、説明が楽だという点もメリットです。
人間関係で仕事を辞めたり、病気で仕事を辞めた、不祥事を起こして辞めた人の場合、
どうしても説明が難しくなります。

 

リストラであれば、シンプルでよくある理由なので、転職先の人も特に問題視しない点でも
転職面接で有利だと言えるでしょう。
このように、リストラでの転職はメリットも多いので、
ポジティブにとらえて転職活動をしてみると、うまく転職できるケースが多いです。


このページの先頭へ戻る