親の介護で転職

親の介護で転職するケースが近年増えてきています。
少子高齢化の影響で、介護を人に任せるということもできず
子供が介護を行うケースが多いです。
親が持家の場合、地元に帰って働くために転職活動を行うことになり
Uターン転職などと呼ばれています。

 

実家

こういった転職では、給料は現在よりも減ってしまうことが多いと言えるでしょう。
どうしても田舎方面に転職することになるので、平均賃金の低い地域となります。
さらに、介護のために転職をするので、
介護のための時間を作る必要があり、労働時間も減ってしまいます。

 

しかし、親の介護のために転職するケースでは、メリットも多くあります。
例えば、親が持っている家に帰った場合、家賃がかからなくなります。
生活費で問題になるのが家賃です。
それがかからない分だけ、給料が減っても影響がないという人も多いです。

 

食事

食費に関しても、親と共同で食べますから
余裕のある食事や、栄養バランスのとれた食事ができる可能性が高くなります。
介護が必要でも、ある程度料理ができる状態の場合には
親と共同で料理することも可能です。

 

また、「親の介護で転職活動をしています」という説明は、
はっきりしていて解りやすく、転職活動の際に非常に有利だと言えます。
立派な人間だという証明になりますし、正当な理由です。
雇う側としては、ぜひ雇いたいと思ってくれます。
だから、転職活動がうまく行く可能性が高く、成功するケースの多い転職だと言えるでしょう。


このページの先頭へ戻る