病気・体力的なことなど肉体的理由で転職

病気や体力的なことなど、肉体的、身体的な理由で転職するケースもあります。
特に、病気や怪我は転職を決意する理由になりがちです。

 

病気になってしまい、どうしても現在の職を続けることができないので、辞職して違う職を探すというケースは多いです。
例えば、脳卒中などに一度なると、再発する可能性が非常に高くなってしまいます。
これまでと同じようなペースで仕事をすることができなくなり、別の勤務時間が短い仕事に就くという人もいます。
心臓病や内臓系の病気などでも、ストレスがかかったり、長時間勤務には耐えられないということがあるので、
転職理由となってきます。

 

さらに、工事現場などで働いていて、怪我をしてしまい、神経などが切れてうまく力が出せなくなると、
転職するしかありません。
力仕事から事務仕事へ転職したり、あまり力を使わない軽作業に転職することになります。
歳をとってきて、今までのように力が出せなくなったことから、転職するケースもあります。

 

また、病気治療のために長期間の入院や治療が必要になる際にも、転職を行うことがあります。
休職制度が充実している企業であれば、休職制度を利用することができますが、そうでない企業もあります。

 

一旦仕事を辞めて治療に専念し、次の再就職先を治療が完了してから探すという人も多いと言えるでしょう。
特に、精神疾患など、その企業に勤めていること自体が原因で病気になった場合には、
前の職場には戻りたくないと考え、別の企業に勤めるケースが多いです。

病気・体力的なことなど肉体的理由で転職記事一覧

親の介護で転職するケースが近年増えてきています。少子高齢化の影響で、介護を人に任せるということもできず子供が介護を行うケースが多いです。親が持家の場合、地元に帰って働くために転職活動を行うことになりUターン転職などと呼ばれています。実家こういった転職では、給料は現在よりも減ってしまうことが多いと言えるでしょう。どうしても田舎方面に転職することになるので、平均賃金の低い地域となります。さらに、介護の...

このページの先頭へ戻る