20代男性に多い転職理由

20代男性に多い転職理由は、やりがいを感じる仕事がしたかったからという理由が非常に多いです。
まだ若いので、転職するにしても給料はそれほど気にする人がいないようです。
最近の若い人はお金よりもやりがいを重視する傾向があり、そういった最近の傾向も反映されています。

 

さらに、新卒で入った会社が自分のやりたいことと違っていたという理由から転職する人もいます。
新卒で会社に入った場合、まだ社会経験などもない段階で入るので、自分にマッチしているかどうか判断しきれなかったケースが多いです。
入社してみてから、これは自分のやりたいこととは違うと感じて転職をしていきます。

 

最近話題となっているブラック企業に入ってしまい、転職するというケースも20代男性の場合には多いです。
ブラック企業とは、サービス残業を強要したり、休みが取れない、長時間労働を強制されるなど、扱いが酷い会社のことです。
ブラック企業は、外見上普通の企業と同じ様に募集していることが多いので、調査力が不足している20代男性の場合には気づかず入ってしまう可能性もあります。
ブラック企業という言葉が世の中に多く出回るようになったため、自分の勤めている会社はブラック企業だったと気づき、転職する人もいます。

 

その他、現在の給料に満足していないために転職する20代男性も何割かはいます。
特に、20代の後半となってくると、ある程度技術なども身についてくるので、その技術などをもっと活かせる良い給料をくれるところに転職するといったケースが多いです。

30代男性に多い転職理由

30代男性に多い転職理由は、ステップアップのための転職が非常に多くなっています。
30代になってくると、いろいろと仕事のことがわかってきたり、同じ業界に人脈ができてきたりします。
そういったものを使って、さらに給料がよいところに転職したり、条件がよいところに転職するケースが多いです。
20代のうちに技術や資格を取得して、転職に活かすというタイプの人も多くいます。
資格や技術は、企業に縛られることが少ないので、若い内に取得してしまってうまく転職する人も多いと言えるでしょう。

 

さらに、30代になって結婚を意識したり、家庭を持ったりする人が増えてきます。
派遣業などの不安定な雇用状態の人が、最後のチャンスということで正社員を目指すなど、しっかりと安定した立場になりたいという理由から転職することも多いです。
特に、家庭を持つ場合に、女性側から安定した会社に勤めていないと結婚しないと言われるケースなども多く、転職活動を行うことになります。

 

また、30代になると、分析力などがついてきて、自分が勤めている会社の将来性がある程度見えるようになってきます。
5年後こうなっているだろう、10年後こうなっているだろうということが、トップの人たちと仲良くもなってきますし、ある程度わかってきます。
この様子では、会社はダメになるだろう、将来的に望みが薄いといったことなども解るようになり、転職する人もいます。
がむしゃらに働くだけでなく、余裕ができてくる30代だからこそ、そういった大きな視点からの転職理由が多いようです。

40代男性に多い転職理由

40代男性の転職理由で多いのが、給料ダウンによる転職です。
不景気などの影響により、40代以上の社員の給与をカットするような企業も出てきています。
リストラなどを40代以上の社員に行う企業もあり、やむを得ず転職するというケースが目立ちます。
ある程度人格や技術、できることなどが確立されている年齢でもあるので、そういった経験や知識、人格を活かしての転職が多いです。

 

また、親の介護が必要になったため、地元へ転職するというケースも多く見られます。
Uターン転職とも呼ばれており、現在都会で仕事している人が、地元の企業に転職して親の世話をしつつ働いています。
親の介護という理由での転職なので、しっかりと実力のある人が地元の企業で活躍するケースも多く、成功することが多い転職パターンでもあります。
地元なので、人脈があったり、過ごしやすいなど、満足度が高い転職となっています。

 

それと、40代ともなると、体力が落ちてくる年齢でもあります。
今までできていた作業ができなくなってきて、転職する人もいます。
休日がもう少し多い職業に転職したり、残業をしなくても済む職業に転職するなど、年齢や体力を考えた転職をするケースもあると言えるでしょう。

 

その他、取締役など、幹部として引き抜かれるケースも40代では多くあります。
40代ともなると、大体の実力が解ってくるので、この人は幹部として採用するとしっかり仕事をしてくれるなということもある程度見えてきます。
そういった人は、40代くらいで即戦力として引き抜かれることも多いと言えるでしょう。

 

 

 

更新履歴


このページの先頭へ戻る